15/24/31KHz対応! X68000にふさわしい最強レトロPCモニターをつくる(6)

3Dプリンター/DIY

その1(外装モデリング)、その2(内部構造)、その3(出力と下地処理)、
その4(電子工作)、その5(ケースの組み立てと下地処理)制作の続き、
デカールと塗装のお話です。

塗装の環境の紹介

フロント部、背面部の接続と下地ができたので塗装をすすめます。
いうても、部屋の中がカオスになるため、あまり塗装中の写真を撮っている時間はなかった;
なのでここでは塗装環境などを紹介しようかと・・・


ということで、まずは全景。
実際に吹くときは後ろの窓を開けて、メタルラックはビニールで養生を、
下にはシートを張ります。
キャスター付きのメタルラックなので、普段はまるごと納戸に収納しています。

塗装道具一式これに収納しています

塗装ブースです。
ダイキンの空気清浄機のフロントカバーを外して、Amazonのダンボールをかぶしています。
ダンボールの中には100均の塗装ベース(棒をさすやつ)を並べて、
更に不織布のレンジフードを敷いています。
定期的なメンテ(掃除)は必要なもののターボモードで動かせば
エアブラシでの塗料くらいであれば吸い込んでくれます。

なにげに年季が入ってきたように思う、いつかちゃんとした塗装ブースがほしい

続いてコンプレッサーとガンです。
コンプレッサーはとガンはツールアイランドのものを使っています。
以前はエアテックスのメテオを使っていましたが、ちょっと非力すぎたので買い替えました。
商品説明には連続稼働15分までとありますが、連続したタンクへの充填時間が15分までということです。
途中でカップへ塗料をいれたり、吹いた状態を確認などするので、
連続で15分動きっぱなしという状況に今の所なっていません。
メテオと比べてパワーがあるので、気に入っていますが、
いつかはタミヤのパワーコンプレッサーを使ってみたいです。

これのおかげで塗装がキレイに、かつ楽にできるようになりました

最後にガンスタンドです。
これは100均で売っているクリップと針金をネジで固定しただけです。
ですが、取り付け先がメタルラックなので、自由度が高く超使いやすいです。
わざわざスタンドを買うまでもありませんね。

ただただ曲げて作っただけ、いちども落ちたことはありません。

塗装の準備

今回はチタンブラック塗装とするので、下記のレシピで進めます。
・Mr.カラー 黒鉄色を吹く
・デカールを貼り付ける
・トップコート(つや消し)を吹く
このレシピはツイッターのEXCEED.さん(@TransAmGTA92)に教えていただきました。
ヘルメッツさんのラズパイ用X68000ケースの塗装にもバッチリです!
ただし、意外なことに塗料などのグッズは、頻繁に欠品することが多いので
注意が必要です。

黒鉄色はレベリング薄め液で2.5倍に希釈して塗装しました。
スプレー缶もあったようですが、今は終売らしいです。
ちなみにこの塗料は結構売り切れることが多いので、あるときに入手しておくのが吉。

トップコートはつやけし、日焼けによる劣化が心配なのでUVカットを利用しています。
瓶の物を使う場合は、レベリング薄め液で3倍に希釈して利用します。
これも欠品傾向が高めです。

希釈した塗料はこのボトルに入れて使います。
これは中に小さな玉が入っているので良く撹拌できるし、
ちゅ~っとカップに注入することができるので便利です。
おすすめですが、こないだまでずっと欠品してました。

スプレー缶を使う場合、特に序盤は噴射の勢いが強いため、塗料がダレてしまいがち
なので、噴射ボタンとスプレーの間に5円玉を挟んで噴射量を調整するとよいです。

5円玉じゃなければダメということではありません

エアブラシの導入をお考えの方はこちらがおすすめです。

最後にもう一つ、エアブラシを吹き終えたらガンの掃除が必要だけど、
こういったツールがあると、ちょっとしたガンスタンドにもなるし、
掃除後の薄め液の臭いもだいぶ少なくなります。
うがいとクリーナーへの噴射を何度か繰り返せば完了とお手軽です。

実際に塗ってみる

メタリック塗料なので通常色よりもしっかり吹きます。
そもそもサーフェイサーを吹いた下地にムラがあると、それが仕上げにも反映されるので
しっかりと下地を作っておくのがコツだと思う。

数少ない塗装中の写真。乾燥を待つ

デカールを作る

仕上げのトップコートがつや消しならば、デカールはトップコート前に貼ること。
理由は、トップコートを吹いてしまうと下地がザラザラになってしまうため、
デカールの乗りが悪くなってしまうからです。

使ったプリンターはアルプス電気のMD5000、当時買ったものを使ってます。
これはホワイトやメタリックのデカールが作れる数少ない機種です。
ドライバーは32bitまでのサポートでしたが、
「象のロケット」さんが作成したプリントツールを使うことで
WINDOWS10(64bit)でも利用できます。

デカールはハイキューパーツ クリアデカールTHを使いました。
手持ちがなくなったら「象のロケット」さんのデカールを使おうと思っています。

Photoshopを使ってデータを作成。
ハガキサイズでの出力なので、画像解像度2362*3500の300dpiでキャンバスを作成。
10mmの出力には、236pixcelのデータを消費します。
データができたらキャンバスの横だけの解像度を4724pixcelに引き伸ばすことで
1200dpiで出力しています。

数台分をまとめて出力、黒色部を白リボンで印刷します
横を4724に引き伸ばすとこんなデータになる

デカールの貼り付け

デカールの貼り付け手順は下記の通り。
・アートナイフ(デザインナイフ)でカットして水の中へ。
・10秒ほど浸したら引き上げて、ざっくりとティッシュに水分を吸収させる。
・デカールを貼り付け先に乗せて、台紙を外す。
・デカールの上にマークフィットを垂らして、20-30秒ほど待つ(デカールがふやける)
・オフセットを調整しながらティッシュでデカール表面のマークフィットを吸い取る
・綿棒でモニターとデカールとの間のマークフィットを吸い取り定着させる。

例えばヘルメッツさんの68ケースのデカールはもっと長く水に浸す必要があるなど
デカールによって浸水時間は調整が必要みたいです。
デザインナイフは色々使ったけど、オルファのアートナイフがおすすめです。
切れ味が落ちるとデカールの切断面が荒れてしまい、綺麗に貼り付かないのでケチらないこと。

こんな感じで黒鉄色の上に貼り付ける
LED周りも貼り付けていく、下地をきれいに整えたので美しい!

使っているマークフィットはこちら。
色々なタイプがあるみたいだけど、これしか使ったことがありません。

刃物は安物を使わないのが鉄則。
デカールがうまく貼りつかないなど悩んだこともありましたが、このアートナイフと
マークフィットを使うようになって、思ったように貼れるようになりました!

デカールを貼る時に必ず使うピンセット。
特にミニチュアサイズを作るときは1mm*2mmなど極小のデカールの扱いが必要。
100均のピンセットは固くて不要な力が必要だったり、かみ合わせが悪いなど
うまくつかめずストレスがたまるので絶対に使いません。

次回でいよいよLCDが届きます。
つづく

コメント

タイトルとURLをコピーしました