最強の自作PC用ケース ITX68000 XVI・030型の紹介!

3Dプリンター/DIY

多くのX68000ユーザーからご好評いただいているITX68000ですが、
満を持してXVIと030デザインを配布させていただくことになりました。

ITX68000の基本仕様は同じで詳細は ITX68000の紹介編 に記載しています。
ご興味のある方は PCパーツの組み込み編 及び、
パワーLEDを超カッコよく光らす ドレスアップパーツ編 も合わせて御覧ください。

配布タイミングはツイッターで行います。
そちらでの告知をもとにDMをお願いいたします。

デザイン

同人グッズであるため、X68000(030)や、SHARPといったロゴをおつけすることが出来ません。
しかしながら、それを補ってなお存在感のあるフォルムになったと思っています。

また、未塗装であっても充分な魅力を持っていると思います。

XVIモデルの紹介

人気のXVIモデルです。
エッジの効いたこのデザインが人気なのは至極納得できます。
当時はおいそれと買い替えができる事ができなかったので、指をくわえて我慢するしかありませんでした。

XVIといえばクロック切り替え、当モデルも切り替えることができます。
これによりパワーLEDの点灯を16/10MHzへの切り替えが可能です。
PC自体の性能が変わるわけではありませんが、ユーザー的にはとても大事なギミックだと思っています。
スライドスイッチからドレスアップパーツへ接続する仕組みです。

電飾ドレスアップパーツ

初代型のリリース後に開発したドレスアップパーツは、
お求めいただいた方のほとんどにご所望頂いていること、XVIはクロックスイッチとLEDを連動する形で利用するため、
当モデルは標準搭載とさせていただきます。
配布時のコストは上がってしまいますが、未対応版を購入後の追加購入よりお安く配布することができます。

030モデルの紹介

続いてX68030です。
ドレスアップ電飾パーツはオプションとします。
HDBUSYはドレスアップ電飾を経由せずマザーボード直結です。

配布内容

●ITX68000XVIモデル
X68000XVI風ケース(ブラック)
ドレスアップ電飾forX68000XVI
 POWLED/HDLED接続ケーブル、内部USB電源接続用ケーブルを付属
※ネジ類、ケースファンマウンタなどは初代型と共通

●ITX68030モデル
X68030風ケース(ブラック)
※ネジ類、ケースファンマウンタなどは初代型と共通

●ドレスアップ電飾forX68030
 POWLED/HDLED接続ケーブル、内部USB電源接続用ケーブルを付属
●ホワイトデカールforX68000XVI
●ホワイトデカールforX68030
※デカールにはX68000/X68030/SHARPのロゴは含みません。
ロゴ部の再現は、初代型と同じようにシールなどを作って再現してください。

ご自身で塗装をされる方向けに、未組立の状態で発送も可能です。
気まぐれで塗装をお受けする場合がありますが、今のところお休みをさせていただきます。

作例-ITX68000XVI

今回の配布に先駆け、いつも良くしていただいている asayanさん (@asahara420316) に
先行配布させていただきましたので、作例として転載させていただきます。

私が配布したデカールには「X68000(フロント・サイドパネル)・SHARP」以外を収録しました。
塗装レシピは「ブラックのサーフェイサー・黒鉄色・トップコート(つや消し)」を利用。
下基板は黒鉄色の代わりにブラックです。

ゴールドのエンブレムは、金色のシールに対してロゴ以外を黒く塗ったものを、
塗装を仕上げた後に貼り付けたそうです。

ロゴ部のぎりぎりまでカットすることで、ボディとの色味の差をうまく表現されており
本物さながらに見えます。 素晴らしい出来ですね!

こちらのゴールドステッカーに黒を印刷したそうです。

作例-ITX68030

こちらはX68030ロゴを光造形の3Dプリンタで出力したものを使っています。
ボディ側のロゴ部は実機と同じくはめ込めるように溝が掘ってあります。
同人アイテムの「早川式高速電脳機 陸捌型色 (チタンブラック艶あり)」と、トップコートは半光沢を利用しました。
こちらも下基板はブラックとしています。
早川式塗料はウレタンのような塗膜を作ってくれますが、うすめ液を垂らすと塗膜が荒れてしまったため、水性を使いました。
ちなみに、瓶の20g塗料1本で1台塗装できました。

使ったトップコートはこちらです。

あとがき

初代型だけ未塗装、この030は例のごとく北の地で可愛がっていただきます

X68000の全てのツインタワーデザインをリリースすることが出来ました。
なかなか感慨深いです。
これまで配布させていただいた初代型はかわいがってもらえているかな?
今回のXVI/030もほしいと言ってくれる方がいると嬉しいです。

ツインタワー3デザインはガンダムでいうところの
「初代=初代ガンダム・XVI=Zガンダム・030=ニューガンダム」に通ずると思っています。
XVIのデザインが人気なのはわかりますが、私は030のデザインが一番好きです。

当時はEXPERTと030を使って、DTMやPCM編集、プログラムを楽しみましたが、
その時の経験が、後にゲーム屋としてう業務をするときに、大きく活かすことができました。

うん十年たったいま、こうやってファンアイテムとして制作できて幸せです。
いつの日かSHARPさんからロゴを使わせていただきたいなぁ・・・
おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました