最強の自作PC用ケース ITX68000!(組み立て編)

3Dプリンター/DIY

こちらはX68000デザインの汎用型PCケース「ITX68000」です。
基本的な情報は 紹介編 を御覧ください。
今回は未組立のITX68000の組み立て方について説明いたします。

必要な道具

ホットボンド・グルーガン

当ケースは各種部品やLEDの固定にホットボンドを使います。

パーツ組み込み編にも書いたとおり、ホットボンドは100均で購入できるものでも問題ありませんが倒れやすいので使いにくいです。
また、ノズルが下向きになっているものはアイドル時に無駄にタレてしまうためあまりよろしくありません。
私も使っているこのホットボンドは自立時の安定感もよく、タレもあまり起きないため使いやすいです。

パワーボタンの取り付け

パワーボタンの形状は台形で、幅が狭い辺が上です。
それを下基板へスライドして差し込んでください。
下基板の正面からみるとスイッチが顔をだし、いつもの68っぽい感じになります。

スイッチパーツを差し込みます。
パワーボタンパーツの凹にスイッチパーツの凸を挿し込みつつ、下基板に取り付けます。
下基板の入り口とスイッチの土台部分をぴったりになるように差し込んでください。

パワーボタンパーツとスイッチパーツが正しく噛み合うと、正面から押した時に適切な手応えがあります。
(ちなみにITX68000のパワーボタンは一般的なPCと同じくモーメンタリスイッチを使っています)
パワーボタンパーツとスイッチパーツが正しく取り付けができたら、下基板の入り口とスイッチはホットボンドを使ってしっかりと固定してください。

Audio/USB端子の取り付け

Audio端子は配線がしてある面が上、USB端子は正面から見た時に、青いプラスティックパーツが上にくるように取り付けます。
ホットボンドをつかって固定していきますが、お手持ちのヘッドホンやUSBメモリを挿し込んであげると固定しやすくなります。
まず最初にAudio端子と下基板の側面にホットボンドを流して軽く固定します。
次にUSB端子を取り付けて、AudioとUSBの間にホットボンドを流し込むとやりやすいです。
Audio/USB端子が動かなくしてから、補強するようなイメージで厚めにホットボンドを足していきます。

Volume/Din端子の取り付け

これらは両面テープを使って固定します。(両面テープはご自身でご用意ください)
Volumeは下基板に挿し込んだ状態で、キャップパーツを使い固定してください。
DINは凹があるところを上にして取り付けてください。

これにて下基板の組み立ては完了です。

LED/リセットボタンの取り付け

LEDは正面からみた時に外側がPOEWR、内側がHDBUSYです。
それぞれLEDを挿し込んだ状態で固定してください。
後日配布予定のドレスアップパーツをご希望の方は、LEDごと取り外すことになりますので、あまり固定しすぎないほうがよろしいかと思います。

リセット、インタラプトスイッチは、右タワーの天井部品に取り付けます。
まず、ボタンのキャップを取り外してた状態で上記写真のように取り付け、外側からボタンキャップを挿し込んでください。
写真のようにスイッチ部品の足に出すように取り付けたらホットボンドで固定してください。

ちなみに塗装する時はボタンキャップの塗り忘れにご注意ください(私は毎回これを忘れてしまいます^^;)
これにてホットボンドを使った作業はおしまいです。

フロント部の組み立て

フロント部は3つのパーツで構成され、これらを長さ6mmネジを使って固定します。
左タワー(FDDがあるほう)と中央部品をネジ止めします。
写真を参考に4箇所ネジ止めすることで完成です。

フロント部と左サイドパーツの固定

長さ6mmのネジを使って、フロント部と左サイドパーツを固定します。
上記上側の写真のように、溝を合わせた状態で4箇所ネジ止めしてください。
あまり締めすぎると左サイドパーツが割れてしまいますので、7割程度のちから加減で固定してください。

下基板の固定

長さ6mmのネジを使って左サイドパーツと下基板を固定します。
右側の写真を参考に、下基板と左サイドパーツの電源FAN用のカーブの段差が出ないように気をつけながら
左側の写真にあるとおり、3箇所をネジ止めします。(ネジ穴は5つありますが3箇所で構いません)

これで完成です!
長さ8mmのネジを使った、右タワーと下基板の固定、右サイドパーツの取り付けは パーツ組み込み編 を参考にしてください。

XVIモデルの場合(2022/10/23加筆)

XVIモデルの場合、クロックスイッチの取り付けが必要になります。
上記写真のように、スライドスイッチをグルーガンで固定し、上からクロックスイッチを差し込んでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました