2020年に作ったRaspberryPi用X68000ケースたち

3Dプリンター/DIY

2019年12月、我が家に3Dプリンターが届きました。
これをきっかけに、CADの勉強をはじめました。

今回はCADをはじめてから2020年に制作した、ラズベリーパイ向けのケースたちの紹介です。
それぞれ概ね1/4サイズだそうです。
(気が向いたら個別の制作日記を投稿するかもしれません)

販売実績があるものは価格など記載しておきます。
今は生産していないものがありますが、
気になる方は詳細を説明しますので、ツイッターまでDMください。

※すべての販売物にはX68000/030及びSHARPなど商標登録されている
ロゴはついておりません。

CZ-61xD ディスプレイ

CADをはじめて一番最初に作ったのがこちらのディスプレイです。
ヘルメッツさんのXVIの隣に飾りたい、という思いからすべてが始まりました。
最初はとてもショボかったのですが、
ブラッシュアップしながら実際に動作するものを作ろうと、
エスカレートしていったこの作品は、ツイッター上で多くの反響と、
お問い合わせをいただきました。

当初個人用で作っていたため量産は想定していませんでしたが、
キット化をするための各種見直しと、効率化を図りつつも、
特にフロント部はFDM機の品質では販売物として厳しかったため、
光造形の3Dプリンターを取り入れることで実現できました。

こちらの塗装済み完成品は25000円、キットは15000円で販売しました。
有効解像度480x320、入力可能解像度1920x1080、20mmのステレオスピーカーを搭載。
5Vで動作するため、モバイルバッテリーでの駆動が可能です。

1/4サイズのCZ61xDモニター、スタンドはチルトします
サイドのデティールはこんな感じ
背面にはボリューム、CD、HDMIを搭載しています
BOXタイプのスピーカーもチルト可能で、20mmのスピーカーを搭載(本体への内蔵も選択可能)
グレーモデルは激渋です
1/4サイズのX68000モニターを作ってみた
もっと違う紹介の仕方があったかな?
(おまけ)はじめてちゃんと出力できた初期のデザイン

X68030(RaspberryPi 4)

当初はヘルメッツさんのXVI/初代機の着せ替え用のフロントパーツとして着手。
その後、下基板のデザインを修正しつつ、RaspberryPi4用のケースとして制作しました。
発熱問題を解決するために30mmサイズのファンを内蔵することが可能。
デカール付きキットを4000円で販売しました。
ラズパイのGPIOと接続することでPOWER(赤/緑)及びHDBUSY(赤)の
点灯が可能な電飾パーツも1500円で販売しました。

フルセットで並べてみました
電飾パーツはこのようにはめ込み、GPIOなどへ接続して使います

X68000PRO(RaspberryPi 4)

X68000PROも制作しました。
実はツインタワーケースはジョイスティックなどを挿すと、すぐ倒れてしまうのですが
横置きのPROは倒れることがないので、とても使い勝手が良いです。
今にしてPROのデザインの良さを感じています。
030と同じく30mmのファンを内蔵することができます。
こちらは一時期BEEP様やBOOTH様にて販売していました。
出力にはプリンターの調整がシビアなため、最近は量産できていませんが、
近々増産したいと思っています。
キットは4000円、030と同じ性能の電飾パーツは1500円で販売しました。

X68000CompactXVI(RaspberryPi Zero/RaspberryPi 3A+)

ラズベリーパイのZeroや3A+用のケースを持っていなかったため、
Compactのデザインにて制作しました。
デカール付きキット販売は3000円、電飾パーツは16MHzを赤/緑で
光らせる事ができることができるものを1000円で販売しました。
なお、3A+への搭載はスペースがかなりきついので注意が必要です。

ほぼシングルタワーサイズを再現
このサイズにzeroだけでなく3A+の搭載を実現(共用ではありません)

X68030Compact(RaspberryPi Zero/RaspberryPi 3A+)

CompactXVIを元に制作したケース。
こちらの販売予定はありません。
電飾パーツはCompactXVIと同じですが、いずれはPOWER/HDBUSY対応版を作りたいです。

レッドのエムブレムが美しい!

キーボード・マウス

ミニチュアサイズに合わせて制作したX68000シリーズのキーボード・マウスです。
何も機能はもっておらず、単なるミニチュアです。
通常版の他に、PRO用、Compact用のセットを用意しました。
実物と同じく、PROとCompactのマウスは同じものです。
また、Compact用のキーボードはボディとキートップを別パーツとすることで、
色分けをしやすくしています。
それぞれ2000円で販売しました。

実際のキーボードを触りながらキートップのカーブ具合を再現
左ボタンの溝も再現
我ながらフェチじみたクオリティ
グレー・ブラック・チタンブラックと、3色揃えたくなりますね
こちらはPRO用、パームレストがあるためノーマルより大ぶりです
こちらのマウスも妥協してません
裏側もこの通り
Compact用のキートップはノーマルと比べあちこちサイズが違いますがちゃんと再現しています

ヘルメッツさんのケース用電飾パーツ

ヘルメッツさんのXVIと初代タイプケースに取り付け可能な電飾パーツです。
(共用ではありません)
@z_alpha2 さん制作で、2019年のMI68の会場で販売されたものと同じものです。
こちらはPOWER(赤/緑)とHDBUSY(赤)を点灯させることができます。
それぞれ1500円で販売しました。

せっかくなので初代のお写真
ブラックのACE-HD(ほかはチタンブラック)
XVI版の緑LEDを点灯
赤にも光らせることができます
こちらはHD-BUSY
取り付け例です

全部並べてみた

よく1年でここまで作ったなぁ…
感無量と同時に、この写真は黄金聖闘士感あると思いました。

今や実機でこれだけ揃えたらいくら掛かることやら
どの機種をとっても配色、デザインともに素晴らしいですね
真正面からも記念撮影!

あとがき

成果物としては上記となりますが、実際には完成に向けてのトライアンドエラーだけでなく
各種3Dプリンターを扱うためのテクニックを身につけるなど、なかなか密度の濃い1年でした。
この他に、2020年になってパテやエアブラシを使った塗装をはじめて行いました。
達成感を得ては、次に何をするかを考える。
この繰り返しがたまらない今日このごろです。

2021年の制作物は都度投稿していこうと思います。
おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました